競争法、著作権、カルテル法

競争法

あなたの地位の主張に成功するために

すべてのイノベーションが保護権によって守ることができるわけではありません。しばしば、不正競争防止法 (UWG) の中で予め考慮に入れられている、補足する、競争行為の保護が、競争の中での地位を主張し、あるいは貫徹するために有益かもしれません。そのために、当事務所の競争の分野で経験豊富な弁護士があなたの味方をします。

私たちがあなたのためにできること私たちは次の専門分野で相談に乗り、助言します。

  • 宣伝・マーケティング戦略の開発時およびインターネットサイト、パンフレット、宣伝材料、添付書や販売包装のデザインの際の助言。宣伝内容と製品表示の法的な試験を含む
  • 第三者による法的な苦情に対する宣伝・マーケティング措置の裁判による、また裁判によらない防御
  • 競合の不正宣伝やその他の不正なビジネス方法の阻止
  • 事業機密を背信的に漏らすこと、あるいは乱用の際の防御戦略

あなたにとっての私たちの強味

競争法のしばしば技術によって特徴づけられるこの分野でこそ、私たちの技術的な専門的知識があなたにとっての大きな利点です。

著作権

クリエイターとライセンスを守るために

著作権保持者が、権利保持者である事実や著作物を守り、その権利を最適に活用したいと考えるのは当然です。一方、プロバイダーが、著作権侵害のリスクを避けながらこうした著作物を広めたいと考えるのも当然です。当事務所では著作権に強い専門家が双方の立場をしっかりと守り、最適な解決策を提供します

ご要望は何ですか?当事務所では以下のジャンルについて全力でサポートします:

  • ライセンス契約等、著作権を含むあらゆる契約の立案
  • 著作権に似た権利(肖像権など)について、裁判を回避した事前交渉、または法的措置
  • 宣伝活動やインターネット公開時において、第三者の文献、写真、意見、ロゴなどの借用に関する法的アドバイス

当事務所に依頼するメリット

当事務所では、クリエイターとプロバイダーの双方の権利を尊重し、著作権に関するあらゆる疑問を解決し、支援していきます。

独占禁止法

独占禁止法に違反すると、過料が科されたり、契約が無効となるケースがあります。契約締結時には、独占禁止法の遵守は厳守です。特に、独占規定や競争の禁止を含む契約において、独禁法をベースに契約内容を作成することは基本中の基本です。

ご要望は何ですか?当事務所では以下のジャンルについて全力でサポートします:

  • 価格や購入戦略なども含めた営業戦略を、独禁法の観点から分析
  • 特定市場で独占的な販売活動を行う企業に対する警告、法的措置
  • 過料が科される状況下や裁判所における、代理人活動

当事務所に依頼するメリット

特徴ある技術について企業間の合意書を作成する際、独占禁止法の観点からどのような文言を盛り込むべきかお悩みかと存じます。ぜひ当事務所にご相談下さい。技術的な専門知識を持つ弁理士と法的知識を持つ弁護士がタッグを組み、皆様の疑問を解決します。