競争法、著作権、カルテル法

競争法

あなたの地位の主張に成功するために

すべてのイノベーションが保護権によって守ることができるわけではありません。しばしば、不正競争防止法 (UWG) の中で予め考慮に入れられている、補足する、競争行為の保護が、競争の中での地位を主張し、あるいは貫徹するために有益かもしれません。そのために、当事務所の競争の分野で経験豊富な弁護士があなたの味方をします。

私たちがあなたのためにできること私たちは次の専門分野で相談に乗り、助言します。

  • 宣伝・マーケティング戦略の開発時およびインターネットサイト、パンフレット、宣伝材料、添付書や販売包装のデザインの際の助言。宣伝内容と製品表示の法的な試験を含む
  • 第三者による法的な苦情に対する宣伝・マーケティング措置の裁判による、また裁判によらない防御
  • 競合の不正宣伝やその他の不正なビジネス方法の阻止
  • 事業機密を背信的に漏らすこと、あるいは乱用の際の防御戦略

あなたにとっての私たちの強味

競争法のしばしば技術によって特徴づけられるこの分野でこそ、私たちの技術的な専門的知識があなたにとっての大きな利点です。

著作権

創造力のある人や権利の利用者のために

著作権によって保護された作品の所有者とライセンスを受ける者として、あなたはあなたの権利を防御し、権利を最適に利用したいと思います。内容の提供者としてあなたは、著作権の侵害のために要求されるリスクを最小化したいと思います。両方の場合、私たちはあなたを専門資格をもって、効果的に助言し、支援します。

私たちがあなたのためにできること私たちは次の専門分野で相談に乗り、助言します。

  • 著作権ライセンス契約や著作権の特徴がある契約の形成
  • 著作権と類似の権利(例えば、写真に対する権利、自分の肖像に対する権利)の裁判によらない、また裁判による貫徹
  • 他者のテキスト、写真、主張、あるいはロゴを借用するための関連する規則や裁判を顧慮した、宣伝活動やインターネット提供に対する助言

あなたにとっての私たちの強味

当事務所の弁護士は、隣接する権利分野を考慮しながら、著作権のあらゆる質問において、創造力のある人や権利の利用者を助言します。

カルテル法

カルテル法に違反すると、過料手続きや、締結された契約の民法上の無効につながることがあります。産業上の権利保護の分野での契約の形成の際、カルテル法の規則を守ることが絶対に必要です。このことは特に、独占規定や競争の禁止を含む契約に通用します。

私たちがあなたのためにできること私たちは次の専門分野で相談に乗り、助言します。

  • 例えば、独占性、価格固定と購入固定に目を向けるときの、カルテル法に従った販売コンセプトや企業協力の作成の際の支援
  • 例えば、差別のための、市場で強力な、あるいは市場を支配する企業に対する停止請求権や供給請求権の貫徹、およびそのような請求権に対する防御
  • 例えば過料手続きにおける、管轄の競争当局やまた民事裁判所に対する、また民事裁判所におけるあなたの法律上の利害の代理

あなたにとっての私たちの強味

企業間の技術的な特色のある合意事項のカルテル法的な判断の際に、当事務所の弁護士は必要があれば、当事務所の弁理士の技術的な専門的知識を使うことができます。