弁理士になる

Anwalt werden bei dompatent
エンジニアまたは自然科学者から弁理士になる

弁理士はエンジニアか、自然科学者です。工学あるいは自然科学を大学または工科大学で専攻し、修士号またはディプロームを取得した後、弁理士候補者は、3年から4年の実践教育を弁理士事務所、または工業会社の特許部で受けます。この職業教育期間中、弁理士候補者は弁理士業を営むために必要な法律の知識を習得します。

弁理士の職業教育の経過についての詳細は、弁理士会のパンフレットをご覧ください。

PDF – 弁理士になるための職業教育

弁理士の職務

弁理士の職業的な日常は非常に多面的です。弁理士は、非常に異なった大きさの企業の発明者、開発部長や経営者と定期的にコンタクトをとります。これらの企業のすべてに共通することは、競合に対して自身を守るために必要なイノベーションによる開発の優位性をもっていることです。ちょうどここで、弁理士は適切な保護戦略の作成と、必要な保護権の出願の準備と提出によって支援します。

この際、技術的な発明は特許、あるいは実用新案に関するかもしれないし、さらに、同様に知的財産の保護に貢献することができる意匠または商標の登録に関するかもしれません。

技術的な、また同様に法律に関する職業教育を受けているので、弁理士はその際、法律と技術のインターフェースとしての機能を果たします。それに相応して、弁理士は両方の世界に精通しており、必要な場合には、これらの世界の仲介もしなければなりません。保護権の貫徹と防御の枠内で、弁理士は彼の依頼人を訴訟手続きの中でも代理します。

なぜ、 dompatent フォン・クライスラーなのか。

dompatent フォン・クライスラーは何十年も前から弁理士の後継者の職業教育に多くの時間とエネルギーを投資しています。dompatent フォン・クライスラーの複数のパートナーが欧州弁理士の候補者の職業養育(例えば、CEIPI コースの枠内で)とドイツ弁理士の候補者の職業教育(特に弁理士候補者の作業共同体のチューターとして)に責任をもって関与しています。

Herr von Kirschbaum & Frau Ru & Herr Henzler

フォン・クライスラーのパートナー全員が、当事務所で弁理士の職業教育を修了しました。新しい弁理士候補者は、弁理士試験に合格後、続けて、弁理士として、また将来、dompatent フォン・クライスラーのパートナーとして仕事をする見通しをはっきり表明して、選び抜かれ、教育されます。

あなたのチャンスを利用し、当事務所に応募してください。私たちは、あなたと知り合いになることを楽しみにしています。

夢の職業、弁理士 – キャリア雑誌、キャンパスハンター、2018年夏学期向けのためのアンケ・クレーブス博士トーマス・ヘンツラー とのインタビュー

なぜ、弁理士になることに決めたんですか。  

アンケ・クレーブス博士 : 私は、自分を一部分の範囲に決めたくなかったので、できるだけ幅の広い化学の範囲をカバーする変化の多い仕事を探していました。最も新しい研究や最新のイノベーションに参加し、1つの製品が最初のアイデアから商品化に至るまでを一緒に見守ることができるという見込みが魅力的でした。さらに、私は、依頼人に助言するときに、毎日直面する技術的な質問と法律上の質問の混合が非常に感銘を与え、チャレンジ精神に訴えるものだと思います。

トーマス・ヘンツラー: 大学での学業の終わりに、その後どうすべきか決定に迫られていました。例えば、すぐ工業界に入るか、博士課程に進む可能性のほかに、エンジニアとして弁理士になる可能性は非常に将来性のあるように聞こえました。特におもしろく思ったのは、最新の技術イノベーションへの近さと多面的な弁理士の仕事です。さらに全体的な、自己責任による仕事、独立に対する見通し、また魅力的な給与により、私の将来に対する展望が現れました。

教育はどのくらい時間がかかりますか。

アンケ・クレーブス博士: 原則的に弁理士になるために2つの方法があります。1つの方法は、欧州特許庁で代理する権限を与える、欧州弁理士になるための職業教育です。そのために、弁理士事務所か、企業の特許部で3年間の実践教育が予定されています。2年後、前期筆記試験があり、3年後に修了試験 (EQE) があります。
もう1つの方法は、ドイツ特許商標庁と連邦特許裁判所での代理の権限を与えるドイツ弁理士になるための職業教育です。この非常に良い報酬がもらえる職業教育に対して、26か月間の実際の仕事が必要であり、その後、ミュンヘンのドイツ特許商標庁と連邦特許裁判所での10か月間の教育期間が続きます。職業教育の修了は、弁理士試験によります。

弁理士というのは、古典的な研究の仕事のほかに、自然科学者にとっての選択肢ですか。

アンケ・クレーブス博士: 弁理士の職業は、特に、自分を自分の専門分野の1つの特殊領域に決めたくなくて、いつも最新の開発についての広く扇状に広がる概観をもちたい自然科学者に向けられています。重要なのはまた、職業の法律家としての面の結果出てくるテキストや言語との取り組みを高く評価することです。

弁理士はどこで仕事をしていますか。

トーマス・ヘンツラー: 通常、弁理士として弁理士事務所で仕事をします。小さい弁理士事務所では、地域の中小企業の依頼人をよく見かけますが、彼らの場合、新しい特許を創り上げることに関します。大きい弁理士事務所では、大規模で国際的な依頼人がさらに加わり、特許係争も日々の仕事の内です。さらに、企業の中の弁理士もおり、彼らは発明者と経営部の間のインターフェースとして活動します。そんなところでは、私は幅広い仕事の範囲や、独立する選択がなくて、残念に思うだろうと思います。

あなたの将来の見通しとキャリアのチャンスはどうですか。

トーマス・ヘンツラー: 一般的に、弁理士にとっての将来の見通しは非常に良いように見えます。私の個人的な目標は、職業教育後、弁理士事務所の中の独立したパートナーになることです。私の同僚のほかに、私はここでは特に、国際的な関与を、中でも私を非常に感激させる中国市場を見た関与を高く評価しています。
弁理士として、イノベーションを保護する責任があるだけではなく、経済的な成長が実現されるようにし、企業の会社の価値の向上を支援します。この理由から弁理士は、経済にとって非常に重要です。あなたは保護権の創造だけではなく、その利用も担当しておられます。毎年およそ140人しか新しい弁理士が生まれません。そのため、この職業は本当に夢のようなキャリアチャンスを提供します。形式的な法律家としての追加の職業教育をしたくない人は、その代わりに、大学での学業の後、一度、特許審査官の職業をよく考えてみることができます。特許制度は単なる1つの可能性だけではなく、もっと多くを提供します。

弁理士になるための職業教育について、あるいはあなたの将来の展望についてさらに質問がありましたら、フローリアン・クリューガー弁理士がお応えします。

+49 221 91652 223

FKrueger@dompatent.de

アーヘン工科大学でエンジニアの勉強をした後、私たちのところで今、弁理士になるための教育を受けている現在の候補者に質問をなさりたい場合、 トーマス・ヘンツラー氏に連絡してください。

+49 221 91652 205

THenzler@dompatent.de

当事務所への応募に関するあらゆるご質問に対して、当事務所の人事担当者、 Sanija Shekarpuri(女性) Elena Mai(女性)にご連絡ください。

+49 221 91652 250

bewerbung@dompatent.de