歴史

dompatent フォン・クライスラー – 勇気、イノベーション、そして将来への信頼

1947年に、弁理士、アンドレアス・フォン・クライスラー工学博士とカール・シェーンヴァルト工学博士が特許法のための事務所、今日の dompatent フォン・クライスラーを創立しました。

彼らの新しい弁理士事務所のために、二人の創立者はケルン大聖堂の陰になったダイヒマンハウスの中に一部屋を借りました。家賃は1か月、79ドイツマルクであり、暖房はありませんでしたが、エレベーターがありました。創立期は、契約は、破壊された屋根から雨が降りこまなかった唯一の場所であった洗濯室で署名しなければなりませんでした。

Die zerstörte Hohenzollernbrücke in Köln mit dem Dom im Hintergrund

ビジョンで世界を変える

ビジョンがあれば、世界を変えることができる、たとえ瓦礫と灰の真ん中でも。技術革新と進歩への信頼が弁理士事務所を最初から支えました。経済復興の奇跡を当時、誰も期待していませんでした。しかし、それは来ました。特許が出願され、商標が保護され、ケルンの、そしてドイツの経済はしだいに再び築かれました。

布を改良するためのブローイング機、一酸化炭素の水素化のための鉄触媒、プレスのオイル循環潤滑、あるいは新しいタイプの衣服の裁断 – 発明者がやって来、ケルンの弁理士事務所の助けを借りて、彼らの特許を出願しました。

業務は急速に国際的になりました。すでに1948年に、例えばヴァージニアからの依頼人のための真空乾燥機など、アメリカからの依頼人のための特許出願が提出されました。カール・ツィーグラー博士・教授が1963年にジュリオ・ナッタと一緒にノーベル化学賞を受賞する前にもう、当事務所は触媒と有機重合体の分野における彼の研究との関連で、特許法に関して彼の面倒をみました。アルミとチタン化合物からなる有機金属系の混合触媒、ツィーグラー・ナッタ触媒の発見が化学も、また化学工業やその技術も変えました。それらの助けを借りて、エチレンが初めて常圧のもとで、ポリエチレンに重合することができました。

Patent Nr. 973 626
Patentschriftauszug des Ziegler Patents
Ziegler-Natta Formel

当弁理士事務所は速く、安定して成長しました。

1950年にはすでに14人の所員が給与リストに載っており、その10年後、それはすでに36人の所員と5人のパートナーになっていました。2000年までに所員の数は55人に増え、パートナーの数は10人に増えました。現在、dompatent フォン・クライスラーでは100人を超える人々が働いており、その内、17人がパートナーです。当弁理士事務所は速く、安定して成長し、何年も、何十年も多くの依頼人のお世話をしています。

創立後70年以上たった今日、私たちは今でも将来を信じています。私たちの依頼人の技術革新力、アイデア、発明の才を、進歩を、勇気を、そして世界を変えることができるビジョンを信じています。

dompatent Deichmannhaus Außenaufnahme am Dom